平屋には、本当にそんなに広い土地が必要なの?

平屋というと大きな土地がなきゃ建てられない。自分達が見ている土地じゃ難しい

そんな考えをひっくり返すようなお話。



一般的に、平屋には

「価格が高くなる」というイメージと、

「土地がかなり広く必要である」

というイメージがあります。


しかし、平屋は価格が高いのかというと、

実際はそうではなく

思っているよりも遙かに小さな土地面積で

平屋を建てる事が出来るのです!


例えば、不動産屋さんに行って


「平屋を建てたい」


というと


『80坪~100坪は土地が必要ですね』


と言われることが多いのですが


実際は、60坪もあれば4人家族の場合

その広さを持て余すぐらい

大きな平屋を建てることが出来ます。



例えばこちらの図。

50坪の広さの土地なのですが

これくらいの広さがあれば、

4人家族が暮らすのに

十分な広さの平屋を建てることが出来ますし

さらに車を3台止めることも出来ます!

(この場合1台は軽自動車になると思いますが)


しかし、不動産屋さんも住宅会社も

『家=2階建て』

を基本に考えてしまっているため、

50坪の土地には、

当たり前のように2階建てを建てようとします。


周りに建っている家も、2階建てばかり・・・

2階建ての中にポツンと平屋を建ててしまった場合、

どうしても、日当たりや明るさに不安も残りますよね。


そして、もし平屋を希望されているとしたら、

50坪~60坪といった土地ではなく、

80坪~100坪もある広大な土地を、

当たり前のようにすすめられることになってしまいます。


しかし、その結果


なにもかもがコストアップしてしまう…


というわけです。


まず、土地を余分に買ってしまった分、

土地の取得費用に余分なコストがかかてしまいます。


もし、55坪あれば十分な家が建つにも関わらず

100坪もの土地を買うことになってしまった場合、

その土地の坪単価が20万円だとしたら、

20万円×45坪=900万円も

余分にかかることになるというわけですね。


また、外構工事費用も、

広く買ってしまった分、

余分にかかることになります。

周囲の塀の長さも長くなれば、

整地したり、コンクリートを打ったりする面積が増えるからです。


さらに、毎年払わなければいけない、

固定資産税も無駄に高くなってしまいます。

しかも、60坪を超える土地に関しては、

60坪以下の土地の2倍の税金がかかることになるため、

思っているより高額な税金を、

毎年納めなければいけなくなってしまいます。


そして、なにより大変なのは、

これから一生涯し続けていかなくてはいけない

『庭の維持管理』です。


若いうちは、身体も元気なので、

それぐらい大丈夫だろうと

安易に考えてしまうかもしれません。


また、広い庭でゆったりと

子供たちを遊ばせてやりたいという気持ち

そして買い足すことが出来ないため

買えるだけ買っておきたい

という気持ちもあることでしょう。


しかし、やがて歳をとり、

足腰が弱くなってしまったとしたら

2階の往復と並んで大変なことが庭の維持管理です。



そのため、コスト的に考えても、

メンテナンス的に考えても

無駄に広い土地を買う必要がないというわけです。


これが、土地取得費用を

最大限にカットするための秘訣です。


土地探しや土地選びは、

不動産屋さんと一緒に行うのではなく、

住宅会社と一緒に行うべきです。


そして、そのためには、

まずは無理のない資金計画を行い、

自分たちの土地予算を明確に出すこと。


土地探しをする前に、

住宅会社を決めていただく事をおすすめします。


土地に無駄に余分なコストを掛けすぎてしまわないためにも、

正しい知識をつけてから

家づくりを進めて頂ければと思います。



最新記事

すべて表示

泥棒が狙いたいと思わない家

“昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった・・” 近所にどんな人が住んでいるのかを、 しっかり把握していた時代は、 そんな状態が当たり前だったと、 たびたび耳にすることがあります。 しかしながら、時代の経過と共に、 地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、 とてもじゃないけど、 こういうわけにはいきません。 そのため、毎日を安心して 過ごしていくようにするためにも、 昔に比べて、防犯対策を 自

洗濯作業がストレスフリーで出来る家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、 ずいぶんと楽になります。 つまり、1階に洗面脱衣室をつくる場合、 わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、 1階に干場をつくり、 かつ片付ける収納も1階につくった方が、 時間と手間をカットすることが出来るし、 余分な階段の上り降りをしなくてよくなるため、 その分、楽になるというわけです。 しかし、多くの方がしている キッチンや洗面脱衣室の勝手口から 外

開放感を出すために天井を高くする必要はない?

リビングダイニングキッチンの開放感を高めるために、 “出来るだけ天井を高くしたい” という要望をお聞きすることがあります。 確かに、リビングダイニングキッチンぐらい広ければ、 天井を高くするだけで、幾分開放感は高くなるでしょう。 しかし、わざわざコストを上げて 天井を高くしたとしても、 期待以上に開放感が出るのかというと 案外そうでもないというのが 現実ではないでしょうか? では、その理由について

マル祐戸田建築株式会社​​

〒431-1303 静岡県浜松市北区細江町三和165-4

Tel 0120-450-502 Fax 053-542-1876

  • Instagram

©Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrights

S!MPlE NOTE

浜松北Studio