平屋には、本当にそんなに広い土地が必要なの?

平屋というと大きな土地がなきゃ建てられない。自分達が見ている土地じゃ難しい

そんな考えをひっくり返すようなお話。



一般的に、平屋には

「価格が高くなる」というイメージと、

「土地がかなり広く必要である」

というイメージがあります。


しかし、平屋は価格が高いのかというと、

実際はそうではなく

思っているよりも遙かに小さな土地面積で

平屋を建てる事が出来るのです!


例えば、不動産屋さんに行って


「平屋を建てたい」


というと


『80坪~100坪は土地が必要ですね』


と言われることが多いのですが


実際は、60坪もあれば4人家族の場合

その広さを持て余すぐらい

大きな平屋を建てることが出来ます。



例えばこちらの図。

50坪の広さの土地なのですが

これくらいの広さがあれば、

4人家族が暮らすのに

十分な広さの平屋を建てることが出来ますし

さらに車を3台止めることも出来ます!

(この場合1台は軽自動車になると思いますが)


しかし、不動産屋さんも住宅会社も

『家=2階建て』

を基本に考えてしまっているため、

50坪の土地には、

当たり前のように2階建てを建てようとします。


周りに建っている家も、2階建てばかり・・・

2階建ての中にポツンと平屋を建ててしまった場合、

どうしても、日当たりや明るさに不安も残りますよね。


そして、もし平屋を希望されているとしたら、

50坪~60坪といった土地ではなく、

80坪~100坪もある広大な土地を、

当たり前のようにすすめられることになってしまいます。


しかし、その結果


なにもかもがコストアップしてしまう…


というわけです。


まず、土地を余分に買ってしまった分、

土地の取得費用に余分なコストがかかてしまいます。


もし、55坪あれば十分な家が建つにも関わらず

100坪もの土地を買うことになってしまった場合、

その土地の坪単価が20万円だとしたら、

20万円×45坪=900万円も

余分にかかることになるというわけですね。


また、外構工事費用も、

広く買ってしまった分、

余分にかかることになります。

周囲の塀の長さも長くなれば、

整地したり、コンクリートを打ったりする面積が増えるからです。


さらに、毎年払わなければいけない、

固定資産税も無駄に高くなってしまいます。

しかも、60坪を超える土地に関しては、

60坪以下の土地の2倍の税金がかかることになるため、

思っているより高額な税金を、

毎年納めなければいけなくなってしまいます。


そして、なにより大変なのは、

これから一生涯し続けていかなくてはいけない

『庭の維持管理』です。


若いうちは、身体も元気なので、

それぐらい大丈夫だろうと

安易に考えてしまうかもしれません。


また、広い庭でゆったりと

子供たちを遊ばせてやりたいという気持ち

そして買い足すことが出来ないため

買えるだけ買っておきたい

という気持ちもあることでしょう。


しかし、やがて歳をとり、

足腰が弱くなってしまったとしたら

2階の往復と並んで大変なことが庭の維持管理です。



そのため、コスト的に考えても、

メンテナンス的に考えても

無駄に広い土地を買う必要がないというわけです。


これが、土地取得費用を

最大限にカットするための秘訣です。


土地探しや土地選びは、

不動産屋さんと一緒に行うのではなく、

住宅会社と一緒に行うべきです。


そして、そのためには、

まずは無理のない資金計画を行い、

自分たちの土地予算を明確に出すこと。


土地探しをする前に、

住宅会社を決めていただく事をおすすめします。


土地に無駄に余分なコストを掛けすぎてしまわないためにも、

正しい知識をつけてから

家づくりを進めて頂ければと思います。



最新記事

すべて表示

家と庭の予算圧縮に欠かせない要素

家の価格は、面積に最も左右されます。 面積が大きくなれば、家の価格は高くなるし、 面積が小さくなれば、家の価格は安くなる ということですね。 そのため、家の品質や性能を損なうことなく 家の価格を最小限に抑えるためには、 家をコンパクトにする必要があります。 とはいえ、ただ単にコンパクトにしただけでは、 使いにくく住みにくい家に なってしまう可能性があるので、 カットしていいところとしてはいけないと

家づくりを最も左右するコストとは?

今後、日本はよりいっそう 少子高齢化問題が深刻になっていきます。 具体的には、 社会保険や税金といった給料の天引きが増えていき、 なのに、逆に将来支給される年金は減っていくでしょう。 そのため、私たちは自分たちの未来のために、 元気で働ける若い時から、 コツコツと貯蓄していく必要があります。 そして、その貯蓄資金を捻出するために、 家づくりの費用を少しでも抑えることを、 みんなが真剣に考える必要が

30代・40代の平均貯蓄額っていくら?

“SMBCコンシューマーファイナンスは、 30〜40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が 前年比6ポイント増の23.1%になり、 平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。 同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」 と分析している。 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、 40代は同120万円減の196万円だった。”