住宅ローン控除とiDeCoと その2

前回の記事でお伝えしたように、

住宅ローン控除制度を効率よく利用しつつ、

かつ個人型確定拠出年金iDeCoに加入すれば、

そうしなかった方に比べると、

より多くのお金を手元に残すことが出来ます。


そしてそれは、

前回お伝えさせていただいた

共働きのご家庭だけじゃなく、

単独で住宅ローンを借りる

ご家庭の場合でも同じことが言えます。


ということで、今回は、

単独で住宅ローンを借りると仮定して、

お伝えしていきますね。


では、年収を550万円(10年間このままの給料とします)、

住宅ローン借入を3000万円、金利を1%、返済は35年、

住宅ローンの返済開始を1月、

納めている所得税を年間15万円(所得税の税率は10%)

納めている住民税を年間30万円(住民税の税率は10%)と仮定し、

その恩恵がどれくらいになるのか?計算していきます。


まずは、その年ごとの年末の借入残高を計算します。


(年末借入残高)

1年目:2928万円

2年目:2856万円

3年目:2782万円

4年目:2708万円

5年目:2634万円

6年目:2558万円

7年目:2482万円

8年目:2404万円

9年目:2326万円

10年目:2248万円


続いて、この年末の借入残高をもとに、

還付される税金の上限額を計算します。

(還付される税金の上限額=年末借入残高×1%)


1年目:29.28万円

2年目:28.56万円

3年目:27.82万円

4年目:27.08万円

5年目:26.34万円

6年目:25.58万円

7年目:24.82万円

8年目:24.04万円

9年目:23.26万円

10年目:22.48万円


そして、住宅ローン控除額を計算していきます。

1年目:29.28万円-15万円(所得税)-13.65万円(住民税)

=0.63 万円(控除しきれなかった額)

(住民税の控除上限額は136,500円です)

2年目:28.55万円-15万円(所得税)-13.55万円(住民税)=0円

3年目:27.82万円-15万円(所得税)-12.82万円(住民税)=0円

4年目:27.08万円-15万円(所得税)-12.08万円(住民税)=0円

5年目:26.33万円-15万円(所得税)-11.33万円(住民税)=0円

6年目:25.57万円-15万円(所得税)-10.57万円(住民税)=0円

7年目:24.81万円-15万円(所得税)-9.81万円(住民税)=0円

8年目:24.03万円-15万円(所得税)-9.03万円(住民税)=0円

9年目:23.25万円-15万円(所得税)-8.25万円(住民税)=0円

10年目:22.47万円-15万円(所得税)-7.47万円(住民税)=0円


これら全てを合計すると、

258.56万円もの税金が返ってくることになるのですが、

3000万円の住宅ローンを、

金利1%・35年返済で借りた場合の

総支払金利は556.81万円なので、

実質余分に払ったお金は298.25万円ということになります。



☑"iDeCo"を利用することによってさらにカット!?


そして、所得が高い人こそ

必ず掛けておいていただきたいのが

個人型確定拠出年金の“iDeCo”です。


というのも、iDeCoを利用すれば、

さらなる節税メリットを享受出来るからです。

では、仮にiDeCoに

毎月2万円支払うようにしたらどうなるのか?

計算していってみますね。


20,000円×12ヶ月=240,000円

(iDeCoによって積立される年間の年金額)

240,000円×10%(所得税の税率)=24,000円

(iDeCoによって還付される所得税額)

150,000万円―24,000円=126,000円

(住宅ローン控除によって還付される所得税額)


240,000万円×10%=24,000円

(iDeCoによってカットされる住民税額)

住宅ローン控除によってカットされる

住民税の上限額=136,500円


では、これを当てはめて計算していってみましょう。

・iDeCoによる恩恵

24,000円×10年=240,000円(還付される所得税額)

24,000円×10年=240,000円(カットされる住民税額)

合計:480,000円

・住宅ローン控除による恩恵

1年目:29.28万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

3.03万(控除しきれなかった額)

2年目:28.55万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

2.3万(控除しきれなかった額)

3年目:27.82万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

1.57万(控除しきれなかった額)

4年目:27.08万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

0.83万(控除しきれなかった額)

5年目:26.33万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

0.08万(控除しきれなかった額)

6年目:25.57万円-12.6万円(所得税)-12.97万円(住民税)=0円

7年目:24.81万円-12.6万円(所得税)-12.21万円(住民税)=0円

8年目:24.03万円-12.6万円(所得税)-11.43万円(住民税)=0円

9年目:23.25万円-12.6万円(所得税)-10.65万円(住民税)=0円

10年目:22.47万円-12.6万円(所得税)9.87万円(住民税)=0円


合計251.38万円

・iDeCo+住宅ローン控除の恩恵

=480,000円+2,513,800円=2,993,800円


このような計算結果となり、

iDeCoに加入したことで、

住宅ローン控除の恩恵を

合計で71,800円減らしてはしまったものの、

iDeCo加入による節税が

480,000円あることから、

住宅ローン控除だけの時よりも、

さらに408,200円税金の還付が受けられる

というわけなんですよね。

つまり、実質余分に払うことになるお金298.25万円を

さらに40.82万円カット出来るため、

実質余分に支払うことになるお金は、

257.43万円になるというわけです。

しかも、iDeCoを掛けることによって、

240万円(2万円×12ヶ月×10年)

将来受け取れる年金が増えたことにもなりますしね。

いかがですか?

前回に引き続き、

数字の羅列となってしまったため、

非常に読みにくい記事になってしまったかもしれませんが、

こういった側面から考えても、

家づくりをする時には、

いかにお金のことについてきちんと考えるべきなのか、

ご理解いただけたのではないでしょうか?

ということで、

住宅ローンの正しい知識をつけることはもちろん、

住宅ローン控除やiDeCoや生命保険などについても、

正しい知識をつけていただきながら、

家づくりをしていただければと思います。

同じ収入でも、

お金のことを知っているが知らないかで、

確実に、将来大きな差が生まれることになりますから!

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく