家とお金の正しい知識

給料の振込をしているし、

カードや公共料金の引き落としもしているから・・

会社が取引しているメインバンクだから・・

友人や知人が勤めているから・・

不動産屋さんや住宅会社に勧められたから・・

同僚や友人の多くがそこで借りているから・・


大切な住宅ローンを、

こういった理由から選んでいる方は、

決して少なくないと思いますが、

実際は、融資条件や金利などを

冷静に比較した上で決めるべきです。


また、家を建てると、

住宅ローン控除制度によって

所得税と住民税が控除されるのですが、

この制度はもちろんのこと、

同時にiDeCoを併用することによって、

節税効果をうまく利用し、

将来のために合理的にお金を貯めていくべきです。


つまり、家づくりを行う時には、

家に関する知識と同時にお金に関する知識も、

つけていただくことをオススメしています。

生命保険を含め、貯蓄方法なども、

リセットして考えるにはちょうどいいタイミングですからね。


例えば、同じ金額を借りるにしても、

金利が違えば、その支払利息は大きく異なります。

3000万円を35年返済で借りると仮定して、

2つの条件で比較してみましょう。


条件1:35年間ずっと金利1.4%(保証料0.2%含む)

→毎月の返済金額:90,392円

→総返済額:37,964,849円

→総支払金利:7,694,849円(総返済額―借入額)

条件2:1〜10年の金利0.7%(保証料0.2%含む)

11〜35年の金利1.04%(保証料0.2%含む)

→毎月の返済金額:1〜10年80,556円、11〜35年83,933円

→総返済額:34,846,694円

→総支払金利:4,846,694円(総返済額―借入額)

(*注:金利を、それぞれの地域に合わせて入れ替えた上で、

返済金額と以下の控除額等の計算をやり直してください!!)

このように条件1と条件2では、

同じ全期間固定型の住宅ローンであるにもかかわらず、

支払利息が2,858,155円も違ってくることになるのですが、

たった1つの理由、

条件2の住宅ローンがあることを知っていたかどうかだけで、

285万円も余分な支払いをすることになってしまうのが、

住宅ローンという買い物なんですよね。


また、住宅ローン控除のことも考慮し、

夫婦2人の名義で借入をしつつ、

同時にiDeCoにも加入することで、

節税効果を最大化するのと、

ローン控除のこともiDeCoの存在も知らず、

ローンを借りてしまうのとでも、

大きな差異が生じることになってしまいます。


ともに30歳で年収300万円ずつのご夫婦が、

3000万円を金利1%で借りると仮定して、

2つのパターンで比較してみましょう。

(分かりやすく給料はずっとそのままで、

それぞれの年間の所得税を6万円、住民税を12万円として試算)


条件1:夫婦が2分の1ずつの名義にし、

iDeCoに月々1万円ずつ60歳まで加入

→13年間の住宅ローン控除総額:321.88万円

→iDeCoによる30年間の控除総額:108万円

→合計の節税額:429.88万円

条件2:債務はご主人、奥さんは連帯保証人、iDeCoには加入せず

→13年間の住宅ローン控除総額:234万円

もちろん、この試算は年収や借入額によって、

またiDeCoの掛金によって異なってくるのですが、

今回の条件の場合、

名義を分けたこととiDeCoに加入しただけで、

195.88万円も手元に残るお金が違ってくることになるんですよね。


このように、選ぶ住宅ローンによって、

また住宅ローンの借り方によって、

そして国の制度を上手く利用したかによって、

数百万円もの違いが生じるのが、

家という大きな買い物です。



✓そもそもの予算設定から間違えないこと!


さらに、もう1つ大切なことが、

そもそもの予算設定を間違えないということです。


資金計画の結果、

あなたにとっての理想的な予算が2800万円となれば、

その予算の中で買える土地を選び、

その予算の中で出来る家を建てるべきです。


しかし、多くの方が、

理想的な予算の範囲でおさまらないため、

その予算を超えて家づくりをしてしまいます。


結果、数百万円予算を上げて家づくりをするわけですが、

それはつまり、それだけ自由に使えるお金が減るということでもあります。


仮に、600万円予算が増えてしまえば、

それに金利を合わせた額が、

自由に使えなくなってしまうし、

これに加えて、選ぶ住宅ローンを間違え、

かつ、ローン控除のことを考慮せずローンを借り、

さらに、iDeCoの存在も知ることなく家づくりをしてしまえば、

1000万円以上も可処分所得が違ってくることになるかもしれません。


ということで、家を建てた後の暮らしはもちろん、

子供たちの教育費用のこと、

自分たちの老後のことまで考え、

家づくりだけじゃなくお金についても知識を身につけ、

将来への不安を感じることのない

合理的な家づくりしていただければと思います。

最新記事

すべて表示

家を建てる誰もが、 明るくて開放的なお家にしたいと思い、 設計図を吟味した上で、 そうなるように充分な窓を設置します。 しかし、残念なことに、 明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず、 結果的に思っていたより薄暗く 昼間から照明に頼らなくてはいけない家に なってしまうことも決して少なくありません・・・ もちろん、その理由は、 フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので、 イメー

例えば、下記のように 南に家が建っている土地に家を建てるとしたら、 一般的には、日陰部分を避け、 日なた部分に家を建てるように計画を立てます。 その結果、 問答無用で2階建住宅を 建てざるを得なくなってしまうわけですが、 果たして、このような土地では、 その選択肢しかないのでしょうか? この図面のような感じで家を建てた場合、 ・外構工事費用が高額になってしまう・・・ ・いつも過ごす場所が薄暗くなっ

家づくりを始めて、SNSや住宅雑誌を見たり、 モデルハウスや見学会に足を運び、 たくさんの家に触れていると、 実現したい様々な要望が どんどん積み重なっていくことと思います。 しかし、間取りは要望だけで決まるのではなく、 実際は、その土地の環境に大きく左右されるため、 土地を無視したままで要望を固めていくことは、 決してオススメ出来ることではありません。 そうしてしまうことによって、 逆に住みにく